スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linuxでdc1394とOpenCVによるIEEE1394カメラからの画像のキャプチャ(第1回)

Linux(kernel-2.6.23以降)で画像を取得する場合、いろいろめんどくさいことが起こります。
まず、kernel-2.6.23以降っていうのは、だいたいFedora7以降とかCentOS5以降のやつです。
この新しいカーネルではIEEEのプロトコルスタックが変わってieee1394がfirewireになってるので、今まで
 /dev/video1394/0
とかでアクセスしていたIEEE1394接続のカメラ(Pointgrey社のFleaとか)が
 /dev/fw0
とかになってて使えません。
これはカーネルを再構築することによって解決します。
カーネルの再構築に関してはこちらのエントリを参照してください。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。