スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yumで国内のミラーを選択させる方法

yumにはyum-fastestmirrorというプラグインがあって、最速のミラーサーバからダウンロードするような仕組みになってます。

でもなぜか国外のミラーサーバが選択され・・・そして遅い・・・ことがある。やっぱり自動で世界中のミラーから最速のやつを探してくるってのに無理がある(?)。

そこで、「海外のミラーより国内のミラーの方が速い」と考えると、ミラーサーバの選択を国内のサーバに限定してやることで、国内のサーバからダウンロードすることができると考えられる。

そのやり方。/etc/yum.repos.d/fedora.repo や /etc/yum.repos.d/fedora-updates.repo のファイルを見てみると、mirrorlist=~ の行がある。この行でミラーサーバのリストを返すCGI(?)を指定してる訳ですが、そのCGI(?)に、country=JP というパラメータを渡してやると、日本国内のサーバのみ返すようになっているようです。

そこで、mirrorlist=~の行の行末に、「&country=JP」を追加します。これだけ。これで国内のサーバからダウンロード出来るようになります。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。