スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trunk って幹っていう意味か

Subversionを使ってると、trunkという言葉が出てきます。よくわかってなくてtrunkは車のトランクとかのことと思ってたら、実は「幹」のことだった。branchesは「枝」。

メインのプロジェクトはtrunk内で開発して、傍流を作るときはbranchesの中のディレクトリにコピーし、それを改造して使う。

今までtrunkとかbranchesとかよくわかってなかったからディレクトリ構造がめちゃくちゃ・・・修正しないと・・・。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

スポンサーサイト

画像の3次元化

写真を3次元化してくれる「Make3D」というサービスがあるらしい。実際に試してないのでわからないけど、画像から直線検出→消失点の検出→平面ごとに射影変換かな。そうすると直線のない画像とかは無理か・・・。どうなってるのかな。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

Visual C++で開発

開発する時にSubversionと連携したいわけです。そこで、Visual StudioからSubversionが使えるようになるプラグインとかを探してみました。

そしたらAnkhSVNというのがあった。いろんなところで紹介されてるので、使い方とかはこことかを参照してください。

で、残念なのは、Visual C++ Express Edition で使えないこと!致命的!

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

yumで国内のミラーを選択させる方法

yumにはyum-fastestmirrorというプラグインがあって、最速のミラーサーバからダウンロードするような仕組みになってます。

でもなぜか国外のミラーサーバが選択され・・・そして遅い・・・ことがある。やっぱり自動で世界中のミラーから最速のやつを探してくるってのに無理がある(?)。

そこで、「海外のミラーより国内のミラーの方が速い」と考えると、ミラーサーバの選択を国内のサーバに限定してやることで、国内のサーバからダウンロードすることができると考えられる。

そのやり方。/etc/yum.repos.d/fedora.repo や /etc/yum.repos.d/fedora-updates.repo のファイルを見てみると、mirrorlist=~ の行がある。この行でミラーサーバのリストを返すCGI(?)を指定してる訳ですが、そのCGI(?)に、country=JP というパラメータを渡してやると、日本国内のサーバのみ返すようになっているようです。

そこで、mirrorlist=~の行の行末に、「&country=JP」を追加します。これだけ。これで国内のサーバからダウンロード出来るようになります。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

doubleの比較にはまる

C++でプログラミングしていて、doubleの比較を行う時は要注意。普通にif(a==b)とかやってしまうと嵌る。

欲しい精度を決めて、例えば1.0E-10の精度が欲しかったら fabs(a-b) < 1.0E-10 と書く。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

iPod touchほすぃ

iPod touchでRTM使えば完全にシステム手帳の代わりに出来るな・・・。音楽再生は今持ってるSonyのWalkmanに任せて、iPod touchをウェブサーフィン&PIMに利用するのもアリかも。

Amazon

Apple iPod touch 8GB MA623J/B

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

14,800円もするの?!

Rubyというプログラミング言語があります。だいぶ前に買った「プログラミング言語Ruby」という本が今「Rubyの原典」としてプレミアがついて14,800もするらしいです。

今はたぶん家の本棚で眠ってる。

Amazon

オブジェクト指向スクリプト言語 Ruby (ASCII SOFTWARE SCIENCE Language)

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。